野球部 試合報告

野球部 試合報告
12345
2017/09/11

秋季高等学校野球大会南部地区予選 試合結果

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
平成29年 秋季高等学校野球大会南部地区予選 
試合の結果について


<スコア>
 計 
 新座総合技術     
 
 
 和光
 
 

投手 渡邊 翔(蕨第一中) 
打点 安田 慎太郎  (新座第二中)  1打点(レフトオーバーの二塁打)
    冨岡 赳成    (和光第二中)  2打点(レフト前ヒット)
    田中 悠輝    (戸田笹目中)  1打点(ライト前ヒット)
    村山 和希    (和光大和中)  2打点(センター前ヒット)
    (その他 相手バッテリーエラーで 2得点)

<ゲームレビュー>
 新座総合技術高校との試合はスコアの通り、7回コールドの快勝となりました。
今大会も立ち上がりの2回に、ヒット3本を集められ、1点を先制される苦しい立ち上がりでした。しかし、その裏の攻撃ですぐに追いつき、相手に流れを渡しませんでした。
 3回から5回は先発の渡邊がテンポよく相手打線を抑えるも、和光高校も攻め手を欠き、無得点で試合が進みました。6回表、こちらの守備のミスなどからワンアウト2、3塁のピンチを迎えます。ここは相手のするどい打球がサード正面のライナーとなり、三塁ランナーがフォースアウト。ダブルプレーでこの試合最大のピンチを切り抜けます。すると、その裏、今度は相手にミスが生まれ、和光高校がツーアウト満塁のチャンス。ここで5番冨岡の価千金の2点タイムリー。結果的にはこれが決勝点となりました。その後もチーム全体でつなぎ、得点を重ね、結果として8-1、7回コールドで勝利を掴みました。
 公式戦初勝利に沸いた選手たちですが、この試合でも守備や走塁にミスがいくつか見られ、それが原因となって敗れていてもおかしくない試合展開でした。12日の対戦相手、埼玉栄高校は強豪校ですが、自分たちのエラーなどから相手に流れを渡すことがないよう、今回の試合で得られた課題をしっかりと修正して試合に挑みたいと思います。
 日差しの強い中、多くの方々に応援をいただき、誠にありがとうございます。この場を借りて厚く感謝申し上げます。12日は県大会出場をかけた戦いとなります。選手たちも次の試合に全力で臨みます。皆様からの暖かい応援をよろしくお願い致します。

二回戦
日時 : 9月12日(火) 11:30 試合開始予定 
場所 : 県営大宮公園球場
対戦相手 : 埼玉栄高校

  
  
 
10:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
12345

野球部紹介


1 基本方針
 「挨拶」「服装」「時間」「感謝の心」の4つの柱を常に心掛けています。基本的生活習慣を確立させ、文武両道を目指しながら学校生活を送り、心身ともに鍛え抜かれた人間と成長することを目指す部活動です。

2 活動方針
 毎日の練習で「全力疾走」を怠らず、「折れない心」を養い、唯一無二の「徹底力」「チーム力」を獲得する。

3 野球部の近況
 ・第94回高校野球選手権大会 
  (1回戦)vs越ヶ谷8-2 (2回戦)vs岩槻商業7-4 (3回戦)vs川口青陵3-4
 ・平成24年度秋季地区予選 
  (1回戦)vs川口青陵10-2 (2回戦)vs浦和学院0-7(地区代表決定戦)
 
 ・部員数  1年生 7人 2年生 15人   合計 22人 (平成24年9月現在)
 
4 施設設備
 ・グラウンド…レフト95m ライト90m(試合開催時) 夜間照明あり
  ・トレーニング室、合宿所あり

5 活動内容
 [平日]
 15:50~19:30
 
 ※時間は時期などにより前後します。
 [休日]
 練習試合(東京・神奈川・群馬・栃木・山梨など他県への遠征あり)
 [冬休み]
 冬休みの期間は、郵便局でのアルバイトをしています。

6 卒業後の進路(過去3年間)
 [就職先]
  大口印刷製本 柳下生コン 東武ステーションサービス 一之瀬電設 電通建設 菱栄設備工業 通信企画 富士パン粉 米田(左官) 
JR東日本 陸上自衛隊
 [進学先]
  平成国際大学 東京国際大学 城西大学 関東工業自動車大学校 
名古屋ビジュアルアーツ 明星大学 ホンダテクニカルカレッジ

 ※本校野球部の卒業生は、就職・進学ともに希望進路を実現させています。


野球部の歴史は校長便り第21号をご覧ください。

 

フォトアルバム

野球部

26春季地区大会 川口戦を開きます。
37枚
26春季地区大会 川口戦

登録者:管理者 | 2014/04/14(9票)