陸上部 活動報告

陸上部 活動報告
12345
2018/05/17

平成30年度 学総体陸上競技県予選会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 5月11日(金)~14日(日)の4日間、学校総合体育大会県大会が熊谷の競技場にて行われました。今回は、11日(金)に盛のハンマー投、男子4×100mR、14日(日)に男子4×400mRに出場しました。結果を報告させていただきます。

盛克明
ハンマー投
22m38
4×100mR
芦田・小日向・杉浦・盛
47.29
4×400mR
小日向・芦田・直井・小山
3:51.86
和光記録更新!

 
 ・4×100mR・・・数回しかバトン合わせができませんでしたがバトンパスは安定していました。残念ながら、一つの目標であった和光記録更新はなりませんでしたが、次に期待の持てる走りでした。

 ・盛 ハンマー投・・・4×100mRの競技時間と重なってしまい、リレーを走ってすぐに投擲場に移動して投げる、というようなハードスケジュールでした。疲労から踏ん張ることができず、納得のいく投げはできませんでした。わたし(新名)の見通しが甘かったと深く反省するとともに、ハードスケジュールでありながら出場を決意してくれた盛には感謝しかありません。この悔しさは国体予選で晴らします。

 ・4×400mR・・・1走の小日向は腰の心配もありましたが、出場したいと本人からの申し出がありました。後半もへばることなく走りきれたので、今後の練習次第ではもっと伸びそうです。2走の芦田は前半の入りが間延びしてしまいましたが、後半少し巻き返しました。芦田はここ最近で急成長しており、3年生の意地を見せてくれています。3走の直井は、専門は長距離ですが、スピードがある選手です。予想より早く帰ってきてくれました。最近、安定して走れるようになってきているので、それが表れたのかなと思います。4走の小山は、1年生ながらも出場です。後半、へばってもいいから最初にしっかりスピードを出すように指示をしましたが、その通りに走ってくれました。練習を積めていないので、後半は保てなくて当然です。前半しっかりあげてきたことが必ず次につながります。
 和光記録更新とはなりましたが、3分50秒をきりたかった、というのが正直なところです(わたしも生徒も)。それでも確実に成長している、ということがタイムというはっきりした形で感じることができました。
 

 今回出場した6名もよくがんばりましたが、出場種目のなかった7名もサポートを一生懸命行ってくれました。特に、石亀、金城、松田(マネージャー)、大澤は周りをよく見ながら考えて動いてくれます。こういったところでチームとしての力が表れると思います。個人としてもそうですが、和光高校陸上競技部全体として成長できるよう、一人一人がチームの一員として何ができるか考えながら動けるようになって欲しいと思います。






19:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
12345

お知らせ


和光高等学校陸上競技部は、1972年の創立の年に創部された伝統ある部活動です。(部の歴史については校長室便り第17号をご覧ください)今年度は、男子部員11名、女子部員4名の15名で活動しています。少人数ですが、「日々邁進」をモットーに月曜日から土曜日まで朝練習(自主参加)と午後練習の2部練習を行っています。練習場所は、自分たちで整備して作った多目的グラウンドの陸上競技場と投擲場です。限られたスペースですが、地の利を生かし用具を工夫しながら密度の高いトレーニングを積んでいます。

陸上競技部に入って汗する喜びを共に感じたいという方がおりましたら、ぜひグラウンドに見学に来てください。初心者やマネージャー志望でも歓迎です。お持ちしております。

陸上競技部顧問

畦田 恒洋

福山 修亮
堤  泰三