沿革

埼玉県立和光高等学校沿革

<経過>

 昭和439月朝霞地区(朝霞、志木、新座、和光)PTA連合会より、県および県議会に対し、県立高等学校設立の請願がなされた。

 昭和442月四市行政当局において、誘致促進の議が起こり、同年7月朝霞地区高等学校新設促進期成同盟会が結成され、8月に県および県議会に対し、県立高等学校新設の請願がなされた。和光市議会は、高等学校に対する特別委員会の承諾を得て、県および県議会に請願、陳情を行った。

昭和4612月和光市に普通高校を設置する方針が、県当局において決定された。

<沿革>
昭和47329日 埼玉県議会において埼玉県立高等学校の設置が議決される。

同年   330 埼玉県条例第19号をもって埼玉県立和光高等学校の設置が公布される。

同年   4 1日 埼玉県立高等学校の設置条例が施行され、和光市大字新倉字溜池2802番地の1に開設される。                   埼玉県立浦和高等学校教頭高島朗初代校長に補せられる。(全日制、普通科、男女共学定員270名)
同年   5月26日 開校式を挙行、この日をもって開校記念日とする。
昭和48年 4月 1日 普通科 男女共学 定員540名
同年   4月 9日 教室棟5階建て3階まで内装完了し、移転する。
昭和49年 3月31日 教室棟4,5階内装工事完了
同年   4月 1日 普通科 男女共学 定員900名(1年8、2年6、3年6学級)
同年   7月25日 校歌制定
昭和50年 3月31日 管理棟竣工
同年   4月 1日 高島朗校長埼玉県立川口高等学校長に補せられる。
          埼玉県立坂戸ろう学校長渋谷五郎本校校長に補せられる。 
          普通科 男女共学 定員990名
同年   6月10日 外柵工事、校門竣工
昭和51年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,080名(各学年8学級)
昭和52年 3月25日 体育館竣工
同年   3月31日 渋谷五郎校長退職
同年   4月 1日 埼玉県教育局学務第二課管理主事大野好冶本校校長に補せられる。
同年   10月15日 創立6周年・校舎落成記念式を挙行
昭和55年 2月 9日 教室棟特別教室をH.R(6)教室に改装、管理棟を4階に増築
同年   4月 1日 普通科 男女共学 定員1,170名(1年10、2年8、3年8学級)
同年   5月10日 和高会館クラブ部室竣工
同年  11月21日 格技場竣工
昭和56年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,260名(1年10、2年10、3年8学級)
同年  10月24日 創立10周年格技場落成・校舎増築記念式典を挙行
昭和57年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,350名(1年10、2年10、3年10学級)
昭和58年 4月 1日 大野好冶校長埼玉県立大宮商業高等学校長に補せられる。
           埼玉県立川口高等学校教頭吉田時雄本校校長に補せられる。
昭和61年 3月31日 吉田時雄校長定年退職
同年   4月 1日 埼玉県立騎西高等学校教頭矢部国夫本校校長に補せられる。
         普通科 男女共学 定員1,360名(1年10、2年10、3年10学級)
昭和62年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,380名(1年10、2年10、3年10学級)
昭和63年 4月 1日 矢部国夫校長埼玉県教育局指導部体育課長に補せられる。
              埼玉県立浦和高等学校教頭鰭沼満雄本校校長に補せられる。
              普通科 男女共学 定員1,410名(1年10、2年10、3年10学級)
平成元年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,430名(1年10、2年10、3年10学級)
平成 2年 4月 1日 鰭沼満雄校長埼玉県立川口高等学校長に補せられる。
              埼玉県立越谷南高等学校教頭遠藤勝本校校長に補せられる。
              普通科 男女共学 定員1,410名(1年10、2年10、3年10学級)
平成 3年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,335名(1年9、2年10、3年9学級)
平成 4年 4月 1日 遠藤勝校長埼玉県越谷高等学校長に補せられる。
              埼玉県教育局指導部高等学校教育課主任管理主事兼課長補佐倉橋政道本校校長に補せられる。
              普通科 男女共学 定員1,175名(1年8、2年9、3年9学級)
同年   11月21日 創立20周年記念式典を挙行
平成 5年 4月 1日 普通科 男女共学 定員1,045名(1年8、2年9、3年9学級)
同年     4月27日 「魅力ある学校づくり特別対策推進事業(平成5年~7年度)」の研究委嘱される。
平成 6年 4月 1日 倉橋政道校長教育局指導部第二課主席指導主事に補せられる。
               埼玉県立大宮中央高等学校副校長渋谷昌彦本校校長に補せられる。
               普通科 男女共学 定員960名(1年8、2年8、3年8学級)
平成 7年 4月 1日 普通科 男女共学 定員920名(1年7、2年8、3年8学級)
平成 8年 4月 1日 普通科 男女共学 定員800名(1年6、2年7、3年7学級)
同年    11月12日 学校用地の拡張1391.01㎡(借用地の取得)
平成 9年 3月21日 防災拠点施設竣工(和高会館増改築工事等)
平成 9年 4月 1日 渋谷昌彦校長埼玉県立鳩ケ谷高等学校長に補せられる。
               埼玉県立川越初雁高等学校教頭石川志津本校校長に補せられる。
               普通科 男女共学 定員760名(1年6、2年6、3年7学級) 
平成10年 4月 1日 普通科 男女共学 定員720名(1年6、2年6、3年6学級)
               有人警備から機械警備へ移行
               「スクールカウンセラ-活用調査研究委託事業(平成10・11年度)」の研究を委嘱される。
平成11年 4月 1日 石川志津校長埼玉県立志木高等学校長に補せられる。
               埼玉県立岩槻高等学校教頭今井勝本校校長に補せられる。
               普通科 男女共学 定員720名(1年6、2年6、3年5学級)
同年     8月20日 和光高校教育懇談会を開催
平成12年 4月 1日 普通科 男女共学 定員720名(1年6、2年6、3年6学級)  
平成13年 4月 1日 普通科 男女共学 定員720名(1年6、2年6、3年5学級)、 
         「平成13・14年度学力向上推進校」
         「平成13年度少人数指導展開実践研究協力校」
         「平成13年度総合的な学習の時間研究推進校」
         「平成13年度彩の国県立高校インターリンクス事業推進校」
         「平成13年度小学生と高校生の交流事業交流校」の研究を委嘱される。
     7月21日 創立三十周年記念事業「オーストラリア体験学習」実施
     8月20日 和光高校教育懇談会を開催
    10月23日 創立三十周年記念式典を挙行
平成14331日 今井勝校長定年退職
平成14 41日 埼玉県立所沢西高等学校教頭仲尾利夫本校校長に補せられる。
           普通科 男女共学 定員680名(182636学級)
           「平成14年度学力向上推進校」
           「平成14年度少人数指導展開実践研究協力校」の研究を委嘱される
     8月26日 和光高校教育懇談会を開催
平成15年 4月 1日 普通科 男女共学 定員640名(1年82536学級) 
         平成15年度少人数指導展開実践研究協力校」
    8月18日 和光高校教育懇談会を開催
     8月28日 少人数学級編成の認定

平成16年 4月 1日 普通科 男女共学 定員600名(1年8、2年5、3年5学級)、
        8月23日 和光高校教育懇談会を開催
        9月 1日 少人数学級編制の認定
平成17年 4月 1日 仲尾利夫校長川越市立川越高等学校長に補せられる。
              埼玉県立朝霞高等学校教頭舘眞一本校校長に補せられる。
              普通科 男女共学 定員600名(1年8、2年5、3年5学級)
        8月22日 和光高校教育懇談会を開催
        9月 1日 少人数学級編制の認定
平成18年 4月 1日 普通科 男女共学 定員600名(1年8、2年5、3年5学級)
         「平成18年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
     5月31日 「平成18年度「ふれあい体験推進事業」推進校」

平成19年 4月 1日 普通科 男女共学 定員600名(1年8、2年5、3年4学級)
         「平成19年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
     5月31日 「平成19年度「ふれあい体験推進事業」推進校」

        8月21日 和光高校教育懇談会を開催
       10月 27日 「さいたま教育ふれあい賞」を受賞
平成20年 4月 1日 舘眞一校長埼玉県立不動岡高等学校長に補せられる。
              さいたま市立大宮西高等学校教頭中島恒雄本校校長に補せられる。
              普通科 男女共学 定員560名(1年6、2年5、3年5学級)
         「平成20年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
         「平成20年度ボランティアチャレンジプロジェクト推進校」
         「平成20年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト指定校」
    8月21日 和光高校教育懇談会を開催
平成21年4月1日 普通科 男女共学 定員 560名(1年8、2年4,3年5学級)
         「平成21年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
         「平成21年度ふれあい体験推進事業推進校」
         「平成21年度ボランティアチャレンジプロジェクト推進校」
         「平成21年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト指定校」
平成22年4月1日 普通科 男女共学 定員 560名(1年8、2年5,3年4学級)
         「平成22年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
         「平成22年度ふれあい体験推進事業推進校」
         「平成22年度ボランティアチャレンジプロジェクト推進校」
         「平成22年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト指定校」
平成23年3月31日 中島恒夫校長定年退職
    4月 1日 埼玉県立大宮中央高等学校教頭内田一雄本校校長に補せられる。
         普通科 男女共学 定員 600名(1年8、2年5,3年5学級)
         「平成23年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
         「平成23年度ふれあい体験推進事業推進校」
         「平成23年度ボランティアチャレンジプロジェクト推進校」
     12月 2日  創立40周年記念行事
平成24年4月 1日 普通科 男女共学 定員 640名(1年8、2年5,3年5学級)
         「平成24年度フレッシュ高校生社会体験プログラム実施校」
         「平成24年度ふれあい体験推進事業推進校」
平成25年4月 1日 普通科 男女共学 定員 680名(1年8、2年6,3年5学級)
         「平成25年度自分発見!高校生感動体験プログラム事業実施校」
         「平成25年度ふれあい体験推進事業推進校」

平成26年4月 1日 内田一雄校長埼玉県立豊岡高等学校長に補せられる。
         埼玉県立上尾高等学校教頭村田進本校校長に補せられる。
         普通科 男女共学 定員 680名(1年8、2年6、3年6学級)
         「平成26年度自分発見!高校生感動体験プログラム事業実施校」
         「平成26年度ふれあい体験推進事業推進校」
        4月23日 読書活動優秀実践校文部科学大臣表彰を受賞